読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気ままに世界トラベル旅行記

気ままな旅好きが書く気ままな旅行記です

10/15 タリン→ラトビアのリガへ快適バスLUX EXPRESSで移動

今日はエストニアのタリンからラトビアのリガへバスで移動します。

ネットで予約したバスはLUX EXPRESSというバス🚌

調べてみるとバルト三国を中心に走っている国際バスみたいですが、とっても安くてしかも乗り心地も良かった〜(^^)

飛行機みたいに座席にモニターがついてて、映画とか見れるし、WiFi完備だし、しかも無料で飲めるコーヒーマシンも完備(^^)もちろんトイレ付きです。席も広くてゆったり(^^)フィンランドで乗ったonni busとかポーランドで乗ったpolski busとか安いけど狭過ぎたし。。。今まで色々バス乗ったけど、かなり良いバスだと思う(^^)

 

これでタリン→リガ4時間半の道のりが一人10ユーロ(^^)安い(^^)

 

PINSという割引サービスがあり、無料登録すると初回から15%割引になるサービスもあって驚きです。私は初回これに気付かず割引サービスを使えませんでしたが、2回目からはもちろん登録して15%引きで乗れました(^^)登録しておけばタリン→リガも8.5ユーロになってたのになぁ。。。残念。。。

割引率も回数をクリアすれば30%、40%と増えていくようでした。

太っ腹ですね(^^)

 

同じ系列でSimple expressという値段を抑えたバスもあり、一度乗りましたが、そちらはコーヒーサービスがないくらいでモニターもあるしWiFiもあるしトイレもあるし、全然問題なかったです(^^)

というかあんまりコーヒー飲むとトイレ行きたくなるし、コーヒーなんて飲んでも一杯だったし、luxでもsimpleでもどっちでも同じなんじゃないかな〜と個人的には思います。

でも必ずsimpleの方が安いわけじゃなくて、luxの方が安い時もチラホラ。

プロモーション価格とか最初の何枚かは激安とかそういうのはあるみたいですけどね。

早めに取ってた方が安いことは結構あるので、予定が決まってる人は早めにとりましょう(^^)

 

luxの宣伝はこのくらいにして、タリンの町中からバスターミナルまでの行き方をご紹介(^^)

 

タリンのバスターミナルTallinna Bussijaamは旧市街からは3キロほどあり、結構離れています。

街中からはトラム2番か4番に乗って、「Autobussijaam 」で降りるとすぐバスターミナルです。私たちは宿の近くの「Linnahall」からトラム2番に乗りました。

トラムは一律2ユーロ。結構します。

購入方法はとってもアナログです。一番前の運転手さんがいるところにお金の受け皿があって、そこにお金を入れると運転手さんがお金を回収して切符を渡してくれる仕組みです。ちょうどないとダメなようだったので、きちんとコインがあるか確認してから乗った方が良さそうでした。

タリンは小さい街なので、バスターミナルに行く以外はトラムに乗ることはあまりないと思います。高いですしね。

 

バスは時間通りに出発(^^)バスの乗り心地も問題なしです(^^)WiFiもサクサク(^^)

映画も見ちゃいました(^^)

そうこうしているうちにエストニアラトビアの国境へ。

でもどちらもシェンゲン協定なのでパスポートコントロールはありません。でも必ず国境で止まって警察が乗り込んできて怪しい人がいないかのチェックはしてましたね。バルト三国ポーランドではあったけど、チェコやオーストリアではなかった気がするなぁ。

治安の問題?シェンゲン協定の東端の国だからかなぁ。

 

ラトビアの首都リガへは時間通りに到着!

今日の宿はバスターミナルからすぐの宿です。バスターミナルのすぐ隣が列車の駅になっていて、その前にはローカルマーケットがあって野菜やらお肉やら魚やらなんでも売っていました。チーズとか加工食品もあったなぁ〜。そしてとっても安いです(^^)パンが0.2とか0.3ユーロとかで売ってたし、野菜も果物もとっても安い(^^)

でもなんだか、明らかにエストニアより貧しい雰囲気を感じます。物乞いの人もチラホラ。エストニアではほとんど見なかった気がする。この後リトアニアにも行くけど、バルト三国ラトビアが一番貧しそうな印象をうけました。

そしてバルト三国は今でもロシアの脅威を感じている様子がヒシヒシと伝わってきました。そしてロシアを嫌っている感じもヒシヒシと伝わります^^;