気ままに世界トラベル旅行記

気ままな旅好きが書く気ままな旅行記です

10/17 リトアニア ヴィリニュス観光

今日はリガからリトアニアのヴィリニュスへバスで移動します(^^)

バスはもちろんLux express(^^)

リガ→ヴィリニュス4時間半の道のりが一人8.5ユーロです(^^)

激安(^^)

 

映画を見ながらのんびりくつろいでる間にヴィリニュスへ到着です(^^)

 

バルト三国は移動が楽だから周遊とってもおすすめ(^^)

 

 ヴィリニュスは古い町並みがとっても素敵な街です。古い家や路地が入り組んでいて、街歩きがとっても楽しい(^^)ヴィリニュス散策は道に迷うのが楽しいと言われてるほど素敵な裏路地や建物がたくさんあります(^^)

 
f:id:tasamin:20161226214613j:image
路地にはこんな可愛らしい家も(^^)

f:id:tasamin:20161228140018j:image

可愛い教会もたくさん(^^)しかもほとんど無料で見学できます(^^)リガはどこも入場料がかかったので余計嬉しい(^^)


写真は取れなかったけど、精霊教会には700年前の聖人の遺体3体が安置されていて、人々が祈りを捧げていました。

しかもその教会の地下には疫病が蔓延して埋葬しきれなかったときの遺体が何百体も壁に塗り込まれているとかなんとか。。。^^;

タリンでもそうだったけど、バルト三国は魔女とか幽霊とかそういう話が多くて、ちょっと怖いけど散策する分には楽しいかな^^;



f:id:tasamin:20170102121648j:image

ここは幽霊が出ると言われている通り。

うん、確かに出そうな感じだった^^;

昼でも薄暗くて人誰もいないし^^;

 

でもちゃんと人通りの多いところももちろんあります(^^)

 

ここは大聖堂(^^)
f:id:tasamin:20161226215043j:image

カテドラルがあったり大きな広場になっています。
f:id:tasamin:20161226215201j:image

こちらはゲディミナス城。

丘の上にあり街が一望できます(^^)

街と夕日がキレイに見えるスポットなので夕方がおすすめ(^^)

地元のカップルのデートスポットにもなっているようでした。

登るのに有料のリフトもあるようでしたが、全然辛くないくらいの登り道なのでゆっくり散歩しながら登るのがおすすめ。


f:id:tasamin:20161226215122j:image

ちょうど気球が飛んでいて綺麗でした(^^)


f:id:tasamin:20170102123722j:image

こちらは聖アンナ教会。

フランスから攻め入ってきたナポレオンがこの教会を美しさを見て、フランスに持ち帰りたいと言った教会だそうです(^^)

煉瓦造りでとっても綺麗でした。そしてここも入場無料でした(^^)

 

そして聖アンナ教会の裏手にはキレイな公園が広がっています(^^)
f:id:tasamin:20170102124212j:image

 この公園の隣にはウジュピスと呼ばれる地域があり、今はちょっとしたアートの街になっていておしゃれカフェもあり、散策するのによかったです(^^)

そして見つけると幸せになれるという人魚像もあって楽しかった(^^)


f:id:tasamin:20170102125211j:image


川沿いを探してみてください(^^)

 

こんな感じでヴィリニュスとっても楽しい街でした(^^)

そしてバルト三国物価がとっても安いので、バジェットトラベラーには嬉しい限り(^^)

宿の値段もフィンランドの半分以下です(^^)

スーパーもとっても安い!!

スーパーの安さは東南アジアよりも南米よりもヨーロッパが一番安いと思う。。。特に東欧とスペイン、イタリアはスーパーがとっても安くてビックリです!

いーなー!羨ましいなぁ(T_T)

日本のスーパー最近ますます高いよね(T_T)

これからますますインフレ進むんだろうなぁ(T_T)

日本経済はどうなるのかなぁ〜

 

 

 

 

10/16 ラトビア リガ観光

今日はラトビアのリガ観光。

個人的にはバルト三国の中ではタリンが一番良くて、その次がリトアニアのヴィリニュス、その次がラトビアのリガかなぁ〜。

まぁ、これは人それぞれなんでしょうけどね〜

 

リガは古い町はもあって良かったけど、その中に新しい町並みも混ざってて、そこまで古さを感じることが出来なかったかなぁ。

あと、ほぼ全ての見どころに入場料がかかるという。。。そういうところで良さが半減してしまったって言うのもあるかもしれません。。。

 

まず行ったのは「St. Peter's Church」

ここでは塔に登るとリガの街が一望できます(^^)
f:id:tasamin:20161225202117j:image

でも塔に登るのに入場料9ユーロ。。。

高い。。。(T_T)高すぎる。。。どうしようか迷ったけど、他のどこも入場料がかかるので、とりあえずここだけ入ろうということになり登りました。

 

感想は。。。

 

う〜ん。

やっぱり9ユーロは高いかな〜(T_T)

エレベーターで上に行くとリガの街が一望出来て良かったけどね。

階段で登れればいいんだけど、エレベーターでしか登れないみたいでした。


f:id:tasamin:20161226154341j:image

上からの景色はこんな感じ。

曇ってて残念。。。

f:id:tasamin:20161226154556j:image

教会の裏にはブレーメンの音楽隊のモニュメントもありました(^^)

f:id:tasamin:20161226154754j:image

屋根の上の猫のモニュメント(^^)

f:id:tasamin:20161226154921j:image

これは三人兄弟って名前の家(^^)

年代別の特徴がある家なんだって。


f:id:tasamin:20161226155134j:image

ここはロシア正教の教会。

中では結婚式をしていました(^^)


f:id:tasamin:20161226155222j:image

こんな感じでのんびり街歩き(^^)

リガの街も大きくないので一日、一日半で十分観光できます。

 

明日はリガからリトアニアのヴィリニュスへ(^^)

バルト三国移動しやすいから、いろんな国が味わえて楽しいです(^^)

 

10/15 タリン→ラトビアのリガへ快適バスLUX EXPRESSで移動

今日はエストニアのタリンからラトビアのリガへバスで移動します。

ネットで予約したバスはLUX EXPRESSというバス🚌

調べてみるとバルト三国を中心に走っている国際バスみたいですが、とっても安くてしかも乗り心地も良かった〜(^^)

飛行機みたいに座席にモニターがついてて、映画とか見れるし、WiFi完備だし、しかも無料で飲めるコーヒーマシンも完備(^^)もちろんトイレ付きです。席も広くてゆったり(^^)フィンランドで乗ったonni busとかポーランドで乗ったpolski busとか安いけど狭過ぎたし。。。今まで色々バス乗ったけど、かなり良いバスだと思う(^^)

 

これでタリン→リガ4時間半の道のりが一人10ユーロ(^^)安い(^^)

 

PINSという割引サービスがあり、無料登録すると初回から15%割引になるサービスもあって驚きです。私は初回これに気付かず割引サービスを使えませんでしたが、2回目からはもちろん登録して15%引きで乗れました(^^)登録しておけばタリン→リガも8.5ユーロになってたのになぁ。。。残念。。。

割引率も回数をクリアすれば30%、40%と増えていくようでした。

太っ腹ですね(^^)

 

同じ系列でSimple expressという値段を抑えたバスもあり、一度乗りましたが、そちらはコーヒーサービスがないくらいでモニターもあるしWiFiもあるしトイレもあるし、全然問題なかったです(^^)

というかあんまりコーヒー飲むとトイレ行きたくなるし、コーヒーなんて飲んでも一杯だったし、luxでもsimpleでもどっちでも同じなんじゃないかな〜と個人的には思います。

でも必ずsimpleの方が安いわけじゃなくて、luxの方が安い時もチラホラ。

プロモーション価格とか最初の何枚かは激安とかそういうのはあるみたいですけどね。

早めに取ってた方が安いことは結構あるので、予定が決まってる人は早めにとりましょう(^^)

 

luxの宣伝はこのくらいにして、タリンの町中からバスターミナルまでの行き方をご紹介(^^)

 

タリンのバスターミナルTallinna Bussijaamは旧市街からは3キロほどあり、結構離れています。

街中からはトラム2番か4番に乗って、「Autobussijaam 」で降りるとすぐバスターミナルです。私たちは宿の近くの「Linnahall」からトラム2番に乗りました。

トラムは一律2ユーロ。結構します。

購入方法はとってもアナログです。一番前の運転手さんがいるところにお金の受け皿があって、そこにお金を入れると運転手さんがお金を回収して切符を渡してくれる仕組みです。ちょうどないとダメなようだったので、きちんとコインがあるか確認してから乗った方が良さそうでした。

タリンは小さい街なので、バスターミナルに行く以外はトラムに乗ることはあまりないと思います。高いですしね。

 

バスは時間通りに出発(^^)バスの乗り心地も問題なしです(^^)WiFiもサクサク(^^)

映画も見ちゃいました(^^)

そうこうしているうちにエストニアラトビアの国境へ。

でもどちらもシェンゲン協定なのでパスポートコントロールはありません。でも必ず国境で止まって警察が乗り込んできて怪しい人がいないかのチェックはしてましたね。バルト三国ポーランドではあったけど、チェコやオーストリアではなかった気がするなぁ。

治安の問題?シェンゲン協定の東端の国だからかなぁ。

 

ラトビアの首都リガへは時間通りに到着!

今日の宿はバスターミナルからすぐの宿です。バスターミナルのすぐ隣が列車の駅になっていて、その前にはローカルマーケットがあって野菜やらお肉やら魚やらなんでも売っていました。チーズとか加工食品もあったなぁ〜。そしてとっても安いです(^^)パンが0.2とか0.3ユーロとかで売ってたし、野菜も果物もとっても安い(^^)

でもなんだか、明らかにエストニアより貧しい雰囲気を感じます。物乞いの人もチラホラ。エストニアではほとんど見なかった気がする。この後リトアニアにも行くけど、バルト三国ラトビアが一番貧しそうな印象をうけました。

そしてバルト三国は今でもロシアの脅威を感じている様子がヒシヒシと伝わってきました。そしてロシアを嫌っている感じもヒシヒシと伝わります^^;

10/14 エストニア ホラースポットいっぱいの街 タリン散策

今日はエストニアのタリンを観光します。タリンもっと温かいと思ってたんだけど、あんまりフィンランドと変わらない寒さ。。。(T_T)しかも曇っててちょっと残念。

 

f:id:tasamin:20161122001012j:image

 でも城壁に囲まれた旧市街、とっても雰囲気があってすぐ大好きになりました。古い町並みがそのまま残っていて中世のヨーロッパにタイムスリップしたよう(^^)


f:id:tasamin:20161122001127j:image

 バルト三国の中でもタリンは特に良かったかな(^^)

素敵な路地裏や面白い見どころもチラホラ。


f:id:tasamin:20161122101230j:image 

ここは世界最古の薬局屋さん(^^)


f:id:tasamin:20161122101515j:image

なんと1422年からやってるんだって〜今も現役でやっているというから驚きです!

中はこんな感じ。


f:id:tasamin:20161122101555j:image

現役の薬局屋さん兼昔の薬局のものも展示されてあって、中にはこんなのもありました!


f:id:tasamin:20161122101745j:image

ミイラの手、鹿の睾丸、それとハリネズミがまるまる瓶の中に入っていました^^;その他カエルとかトカゲとかサソリとかそういうのも^^;

昔はこういうのが薬だったのね。。。魔女が大鍋でグツグツ煮てる風景を想像してしまいました^^;

恐ろしや〜

医療ってこういうところから発展していったのね^^;でもとても興味深く無料で見れるので個人的にはおすすめです(^^)

 

その他タリンの町には幽霊通りや悪魔の逸話などがあって散策するのに面白いです。
f:id:tasamin:20161122103540j:image

この井戸には魔物が住んでいて、住民は生贄として猫を投げ込んでいたそう。そして井戸は汚染されて使えなくなってしまったそうな。動物好きにはちょっと残酷な話。。。

 

そしてこの後ろの建物の一室は悪魔の結婚式が行われたところだそう


f:id:tasamin:20161122104402j:image

一番上の階の窓が黒くなっている部屋だそうです。ちゃんと黒くなってるのが面白いです(^^)

f:id:tasamin:20161122105034j:image

 

こっちは幽霊通りと名前がついている通り。夫に殺された妻の幽霊が出るんだとか。

その他も死刑執行人の住んでた建物におばけがでるとか、悪魔が住んでるとことか何箇所かおばけスポットがありました。

エストニアは特にそういう話が多いなぁと感じました。なんだか薄暗いからそんな気にもなってきます^^;

興味のある人は街散策面白いと思います。

 

 

こちらは死のダンスという有名な絵。
f:id:tasamin:20161122102419j:image

この時代戦争や疫病、飢餓などが蔓延していて、社会を皮肉った風刺画が多く書かれていたそう。これも法王や王様、妃などがガイコツと手を繋いで踊らされています。でも現存するものは少なく、これくらいしか残っていないそう。

この絵は聖ニコラス教会にあります。ここの教会は現役の教会というよりは博物館のようになっていて、入場料一人5ユーロかかりますが、色々見どころがあって良かったです。

 

なんだかホラーな話ばかり書きましたが、タリンはそういうところばかりじゃないので誤解せず^^;

 

高台のトームペア城に登ります。


f:id:tasamin:20161122111147j:image
中に入れないのが残念。現在は国会議事堂として使われているみたいです。

お城というより王宮って感じなのかな?

 

高台からは旧市街が一望できます。
f:id:tasamin:20161122110413j:image

なんかこの景色見てたら魔女の宅急便を思い出したな〜

「あの角を曲がった乳母車の人でしょ?」

のところ(^^)

高台にグー・チョキ・パン店があったら尚良いんだけどね(^^)駿さんもタリンに来たのかな〜

クロアチアドゥブロヴニク魔女の宅急便って言われてるけど、でも実際そんなに魔女の宅急便感はなかったな〜個人的にはエストニアのタリンとポルトガルポルトを歩いてたとき魔女の宅急便を思い出したかな〜特にポルトの町並みはとってもキレイですごい良かった〜(^^)

 

 

そしてやっぱりタリンはホラーな感じがチラホラ^^;
f:id:tasamin:20161122112158j:image

何これ?怖いんだけど!

説明を読むとここはおばけが出るところで(また!?町中おばけスポットだらけじゃん!)、ここはその中でも一番恐れられていたところで夜おばけが街に行かないように門を閉めていたそう。

近くには売春婦を投獄していた塔などもあり、やっぱりダークな雰囲気いっぱいのタリンでした^^;

 

でもそういう逸話があると散策楽しいよね(^^)

タリンの旧市街は小さいので一日半で十分見て回れました。なので2泊もあれば十分観光できると思います。

ヘルシンキバルト三国間もそれぞれ4時間もあればバスで次の首都に行けるので、周遊するのにとても良かった(^^)バスもめちゃくちゃ安いしね〜(^^)

おすすめです(^^)

 

10/13 ヘルシンキからフェリーでエストニアのタリンへ

久々ブログ^^; サボってダメですね^^;

 

では気をとりなおして、今日はヘルシンキからフェリーでエストニアのタリンへ行った内容を書きたいと思います(^^)もう一ヶ月も前のことなんだ〜早い早い^^;

 

個人的にエストニアのタリンとても良いところでした(^^)ヘルシンキからフェリーで3時間半程でつくので、ヘルシンキからのショートトリップにもおすすめです(^^)

 

 

この日はロヴァニエミからの夜行電車で朝7時過ぎヘルシンキ中央駅に到着!遅れたらどうしようと心配だったけど、時間通りで一安心。

今日乗りたいフェリーは8時半発。30分前にチケットの購入など締め切られるようなので、急いで向かいます!

ヘルシンキ駅前のRautatieasemaからトラム9番で15分くらいだったかな?急いだ甲斐もあって7時半にはフェリーターミナルにつきました。

トラムのLänsiterminaaliという駅で下車するとすぐWest Terminalがあります。

 

ヘルシンキからタリン行きのフェリーは3つの会社のフェリーが運行しているようですが、私たちが今回使うのは「Eckerö Line」という会社のフェリー(^^)選んだ理由は時間と値段が良かったから!それと大きな船でゆっくり船の旅が良かったからです(^^)

時間や日にちによって変動しますが、Eckerö Lineは片道19ユーロから乗れるようでした(^^)因みに私たちは一人24ユーロでした。

が、窓口で買ってしまったので5ユーロの手数料を取られてしまいました(T_T)

まぁ、しょうがない。。。フェリーに間に合うか分からなかったからね(T_T)

予め買える人はネットで購入した方が手数料がかからなくて良いみたいです。

 

West Terminalからはその他Silja Line というフェリー会社も出ていました。そして別のフェリーターミナルからは小型の高速船も出ているようで、合わせると一日に何台か往復でしているようでした。でものんびり船旅がいいと言う人はEckerö LineかSilja Lineがいいようでした。早く着きたい人は高速船の方がいいのかな?

 

急いでて船の写真を撮り忘れましたが、ホントに大きな船で車も一緒に乗せられるようでした。中はほとんど自由席になっていて空いている席に座って過ごします。中には個室もありました。

その他レストランやカフェ、バー、免税店などいろんなお店があって、しまいには生バンドの演奏まであってのんびり過ごすことができます。

8時前に行ったのでソファー席に座ることができましたが、ギリギリに来ていた人たちは席を見つけるのが大変そうでした。遅くても30分前には行ったほうが良さそうでした。

 

以前ギリシャアテネからサントリーニ島まで行った船も今回と同じような船でしたが、そのときはみんなお菓子や飲み物を持ち込んで自由に食べていましたが、今回は持ち込んで飲んだり食べたりしている人が全然いなかったので、禁止なのかな?お国柄なのかな?よくわからないけど、私たちも人目が気になって持ち込んだものは食べられませんでした^^;

 

船にはWi-Fi完備なので、全く暇することもなくあっと言う間にエストニアのタリンに到着です。3時間半の船旅ちょうどいいかも(^^)

 

エストニアシェンゲン協定なので、パスポートコントロールなどは一切ありません。

 

今日の宿は「Fat Margaret」というところ。

フェリーターミナルから歩いて10分程で着きます(^^)そして旧市街も目の前なので観光に便利です。大きなスーパーもあるのでホント便利でした。

昨日ロヴァニエミから夜行電車で来て、そのままフェリーでタリンに向かったのでもうクタクタ。。。

でもすぐさまチェックインさせてくれて助かった〜。ありがとう〜

部屋は至って普通のゲストハウスですが、キッチンがかなり広くて使いやすかったな〜あと室内プールとサウナが無料で使えるのは嬉しかった!シャワーもいっぱいあるしね(^^)

受付のお姉さんも感じの良い人でした。個室で二人で25ユーロなので、ヘルシンキから来たらとても安く感じてしまいます。

因みにドミトリーは10ユーロみたいでした。

タリン観光におすすめです(^^)

 

 

 

10/12 ロヴァニエミからヘルシンキへ夜行列車で移動

今日はロヴァニエミからヘルシンキまで夜行列車で移動します。 

 

寝台列車で!

と言いたいところですが、節約して普通のシート席にしてしまいました。

結果的に言うと、ケチらないで寝台列車にすればよかった^^;

でも、まぁ、そこまで悪くはなかったから、節約したい人にはおすすめかな。

 

ロヴァニエミからヘルシンキ行きの夜行列車は17:52発、ヘルシンキには翌朝7:06着です。

 

宿をチェックアウト後ロヴァニエミの街をプラプラ。正直ロヴァニエミの町中は何もないので、カフェで時間を潰します。

 

そして早めにロヴァニエミ駅へ。

町中からロヴァニエミ駅までは徒歩20分くらいです。


f:id:tasamin:20161106164609j:image

駅は特に何もありませんが、暖かい待合所があるだけで十分です。


f:id:tasamin:20161106164701j:image

中はこんな感じ。VRはフィンランド国鉄?みたいですが、見れば見るほどJRに見えてきます^^;

早めについたので一時間ほど座って待ちます。


f:id:tasamin:20161106164815j:image

出発30分程前になると電車が到着。

改札などはなく、勝手に乗り込みます。

普通のシート席ですが、乗り心地はまずまずです。

アナウンスもなく時間になるといつの間にか発車します。

イタリアもスペインもそうだったしなぁ。

ヨーロッパはみんなこんな感じに出発するみたいですね。

出発すると程なく駅員さんが検札に来ます。

電車には寝台車両とシート席、食堂車もあるようでした。

 

シート席の人も結構いるなぁと思ってたけど、このあと途中の町のオウルなどでほとんど降りていったので、結構始発のロヴァニエミから終点のヘルシンキまでシート席で乗ってたのは私達ともう一人しかいませんでした。まぁ、他の車両もあるのでもっといるのでしょうが。

そしてその間途中の駅で降りたり乗ったりしてくるので、夜通し電気がついてるし、人がガヤガヤしててうるさいので、正直あまり眠れませんでした(T_T)

やっぱり寝台列車にすればよかった〜!!

シート席に一人20ユーロ追加すれば寝台列車になったので、ケチらないで寝台列車にすればよかったかなぁ(T_T)

因みにチケットは早めにとるとSaver ticketの値段でとれるので、私たちは一人38.9ユーロで乗ることができました。

正規価格だとその倍するので、シート席でも一人80ユーロするようです。予定が決まっている人は早めに取っておくことをおすすめします。Saver ticketだと寝台列車でも一人60ユーロなので、やっぱり寝台列車にすれば良かったかなぁ(T_T)

だって夜通しの移動だと朝からヘロヘロだし。。。

明日はフェリーでエストニア移動だし。。。

 

 

10/11 ロヴァニエミ サンタクロース村へ行ってきました

今日はロヴァニエミのサンタクロース村へ。

サンタクロース村何気にちょっと楽しみだったりします(^^)

 

ロヴァニエミの街からはSokos Hotel前のバス停からがわかりやすいようでした。


f:id:tasamin:20161104180128j:image

 

サンタクロース村行きは8番バスに乗っていきます。

バスは一時間に一本くらいでした。


f:id:tasamin:20161104175934j:image

 

時刻表はアバウトな感じ。ロヴァニエミ駅が始発のようでした。

少し遅れてバスが到着。

写真を撮り忘れたけど、Santa's Expressと書いてあって気分を盛り上げてくれます(^^)

 

バスは片道3.9ユーロ、往復7.2ユーロだったので、往復で買う方がお得です。運転手さんからチケットを購入します。

途中空港などに寄り、20分程でサンタクロース村へ到着。

 

まだ時期が早いようでそれほどお客さんはいませんでしたが、クリスマス前後には大混雑するようです。

やはり日本人に人気のようで、客の半分か半分以上はアジア人、その中でもダントツ日本人が多かったです^^;


f:id:tasamin:20161105164526j:image
中に入るとクリスマス気分(^^)


f:id:tasamin:20161105220315j:image

至るところにサンタさんやクリスマスツリーが(^^)

 

f:id:tasamin:20161105164813j:image

中には北極圏のラインもあり、はしゃいでしまいました(^^)


f:id:tasamin:20161105221341j:image

marimekkoのお店もあります(^^)アウトレット商品もあるので、marimekko好きには嬉しい限り(^^)

先日ヘルシンキのアウトレットにも行きましたが、あちらではポーチやハンカチなどの小物がほとんど売り切れていてあまり種類がなかったのに対し、こちらのアウトレットでは小物が豊富にあったので、また色々買ってしまいました^^;

なので、ポーチや小物を買いたい人はロヴァニエミのアウトレットで買ったほうが種類があると思います(^^)

marimekkoのお隣にはiittalaやARABIA食器がありましたが、こちらはアウトレット価格ではなかったので、ヘルシンキのARABIAファクトリーで買ったほうがお得ですね(^^)ファクトリーでは全品50%offですから(^^)

 

お次はサンタクロース村のメイン、Santa's office(^^)

ここではサンタさんに会うことができます(^^)

サンタさんはここから北へ300km離れたコルヴァトゥントゥリという山に住んでいて、そこからサンタクロース村に出勤してるそうです(^^)
f:id:tasamin:20161106153151j:image

サンタさんにもお昼休みがあるようで、12時から13時はお休みのようでした。

昼休みの後ということもあり、数人が並んでいましたが、10分ほどの待ち時間でサンタさんとご対面(^^)

 

感想は。。。

 

うん、ホントにサンタさんだった!

すっごく大きくて手がとっても温かかった(^^)

ポストカードにサインももらいました(^^)

 

そして意外にも私より相方さんがはしゃいでいました^^;

 

サンタさんと記念撮影もしたけど、値段が20ユーロ〜とお高いので、写真は泣く泣く諦めました。。。

自分のカメラやケータイでは撮影禁止なのが残念ですが、仕方がない。。。

動画のUSBメモリなども売っているようでした。でも50ユーロ。。。高すぎる(T_T)

でも写真や動画は有料ですが、サンタさんに会うだけなら無料なので、興味のある人はぜひ会いに行ってみてください(^^)

 

そしてもう一つ、ここにはサンタクロース郵便局があります(^^)

世界中の子供たちから届いた サンタさん宛の手紙がたくさんありました。


f:id:tasamin:20161106155100j:image

小人のお姉さんたちが手紙の仕分けをしていました(^^)クリスマス前なのでたくさん届いているようでした。
f:id:tasamin:20161106155303j:image

そしてここから手紙やポストカードを送ることが出来るのですが、クリスマス仕様の切手とスタンプで送ることができます。


f:id:tasamin:20161106155540j:image

そしてすぐ送る用のポストとクリスマスに届くように送るポストの2つがありました(^^)

友達にはすぐ送る用のポストで何枚か出し、

自分たち用に先程サンタさんに書いてもらったサインのカードをクリスマス用のポストで送ることにしました(^^)

楽しみ(^^)

切手は何種類かあり、1ユーロから高いものは2ユーロ以上のものもありましたが、基本全世界一律で1ユーロで送れるようです。高い切手は限定とか特別仕様とかそういうのみたいでした。

そして郵便局ではなぜか、入り口のインフォメーション(北極圏到達証明書などが手に入るところ)で1ユーロで売っていた切手が1.3ユーロで売られていました。

私達は入り口の方で先に切手を買っていたので良かった(^^)

郵便局には椅子やテーブルがたくさんあり、座って手紙をかけるようになっています。

 

その他お土産屋さんやレストランなどもあり、ゆっくり見て回って3時間くらい滞在していました。

中には閉まっているお土産屋さんもチラホラあって、まだシーズンではなさそうでしたが、それでも十分クリスマス気分を味わえ楽しかったです(^^)

あ、でも冬にはトナカイやハスキー犬がいるみたいですけど、今回はどちらもいなかったので、残念。。。

そして雪も降ってるのかなと思っていましたが、降ってなかったのもビックリ。夜でも気温はマイナスにはなってなかったので、フィンランド意外と暖かいんですね!